高圧洗浄機 VS スチーム洗浄機

スチームクリーナーの基本的な使い方と応用編

今では定番と呼んでもいいくらいになっているお掃除グッズの1つにスチームクリーナーがありますね。スチームクリーナーは高温の蒸気で汚れを浮かせて簡単に落とすことができ、使うのは水だけなので環境にも人にも優しいとして人気に火が点いた掃除グッズです。

スチームクリーナーが人気なのはそういった優しさだけではなく、床や壁、天井に窓、キッチンのシンクやお風呂場などの水回り、ガスコンロや換気扇といったありとあらゆる場所に使うことができるということも人気の要因でもあります。

使い方自体は非常に簡単で、タンクに水を入れ、スイッチを入れて準備完了のランプが点灯したら使いたい場所に向かって使うだけですから、誰にでも簡単に使うことができる優れものです。

しかし、スチームクリーナーを使っているという方の口コミやレビュー、感想などを見ていると、スチームだけでは汚れが落ちない場所があり、結局、擦り洗いしたというものをよく見かけます。実際、専用のクリーナーを付属品としている機種などもあります。

スチームクリーナーだけで簡単に全部の汚れを落とせると思って買ったのに、実際に買って使ってみたら期待外れで残念に思っているという方も少なくないんです。それを解消するために使い方にも応用編があるんです。スチームクリーナーの応用編としては、頑固な汚れやこびりついた汚れには専用のクリーナーを使うという使い方もあります。

専用のクリーナーは値段が高いからという場合には、市販の洗剤を使うという方法もありますが、それでは結局環境にも人にも優しくない感じがします。そういう方は比較的環境や人に優しい重曹を使うことをお勧めします。

重曹であればアルカリ性ですから人にも環境にも優しいですし、スーパーなどでも簡単に購入することが可能です。しかも、衣類以外であれば何にでも使うことが可能なものですので、頑固な汚れには重曹+スチームクリーナーという使い方をお勧めします。

重曹を使ったスチームクリーナーの使い方も簡単で、頑固な汚れに重曹を乗せて、その上から普段通りにスチームクリーナーを使うだけです。それだけでも十分に綺麗になりますが、手間でなければ最後にキレイな布でさらっと拭きあげてあげるとさらにイイ感じになります。

残念ながら長年に渡った頑固な汚れやこびりついてしまった汚れは、スチームクリーナー単体では綺麗にならないのが現実です。しかし、一度応用編の使い方を行って綺麗にしてしまえばあとは、定期的にスチームクリーナーを使うだけで応用編は不用になるという場合がほとんどです。

応用編の使い方を実行して、またそのまま放っておくと毎回応用編の使い方が必要になってしまいますから、一度しっかりと応用編の使い方をしたら、その後はなるべく短い期間でスチームクリーナーを使ってあげるようにしてみて下さいね。

HOMEへ戻る